筋トレサラリーマンのブログ

コツコツ積み上げる毎日

MENU

脂質は悪者?実は良い奴説【ダイエット】

f:id:hello24nfgu:20190727230432j:plain

どうも、筋トレサラリーマンです。

 

 

自分の体系が気になりダイエットを始める方って多いと思うんですけど、生活の中に運動を取り入れたり食事を変えるのってなかなか難しいですよね。

 

ローカーボダイエット、ローファットダイエットや様々な減量方法がありますが

タンパク質炭水化物脂質の中でも

 

脂質はダイエットの天敵!とイメージがついてしまっていますがこれってほんとなんでしょうか?

 

 

 

脂質って何?

タンパク質、炭水化物、脂質

 

人間に必要とされている三大栄養素の一つで、1gにつきキロカロリーです。

三大栄養素の中で最も多くカロリーを摂取できる重要なエネルギー源です。

 

 

脂質の役割

体の細胞を守る役割の細胞膜や、ホルモン、角膜の構成成分であり

体を寒さから守ってくれます。さらに脂容性ビタミン(ビタミンA.D,E.K)の吸収を促すなど役割があります。

 

 

なんで悪者にされてるの?

f:id:hello24nfgu:20190727230602j:plain

脂質は1gに対し9キロカロリーあり取りすぎると肥満の原因になります。

また、日本の食生活では油を大量に使った料理やファーストフード、ケーキなど豊富にあり、美味しい物には必ずと言って良いほど高い脂質が含まれています。

ダイエットする際にまず制限されるの物に脂質が多いため、

脂質=悪いものというイメージがついています。

 

実際のところ、脂質自体は体に悪い物ではありません。

三大栄養素の一つとして体に重要な働きをしてくれています。

 

良い脂質と悪い脂質?

脂質にも質の良いもの、よくないものがあります。

それは大きく分けて不飽和脂肪酸飽和脂肪酸です。

 

ナッツ、魚に含まれる油を不飽和脂肪酸と呼び良質な脂質になります。

 

バター、肉類の油を飽和脂肪酸と呼びよくない脂質と言われています。

動物性の油に多く含まれる飽和脂肪酸は体内の悪玉コレステロールを増やす作用があります。コレステロールが増えると動脈硬化が進み心筋梗塞脳卒中など血管が詰まる病気になってしまいます。

 

飽和脂肪酸の中でもココナッツに含まれる油を中鎖脂肪酸と言って良質な脂質もあります。

 

脂質としてはエネルギー源になりますが、体内に入った後の作用で良いものよくないものの区別されることがあります。

 

良質な脂質をメインに摂る減量方法、ケトジェニックダイエット

脂質をメインに?太りそう。。。良質な脂質とれば痩せます。

 

人間の体は通常ブドウ糖をエネルギー源にしていますが、そのブドウ糖が不足すると体内に蓄積されている脂肪をエネルギー源として燃やし始めます。これをケトン体と呼びます。

 

 そのためケトジェニックダイエットとは脂質をメインの食事を取り意識的にケトーシス状態にし、脂肪を燃焼させるダイエット方法です。

 

炭水化物を限りなく0にし、良質な脂質とタンパク質をメインとした食事で

脂肪を燃焼させることができます。

 

良質な脂質を食べれば太らない

 

良質な脂質は太りません、むしろ必須脂肪酸などオメガ3オメガ6を積極的に摂ることで健康にも良いと言うことがわかっています。

 

 

そして最近ではケトジェニックダイエットが話題になり少しずつですが

良質な脂質を摂ることでダイエットにも効果的と言うことが広まってきています。

 

もちろん、良質な脂質でも食べ過ぎればカロリーオーバーになります。

 

脂質を制限しすぎると

 

脂質を制限するダイエットも一般的ですが、制限しすぎると

こんなデメリットが発生することがあります。

 

脂質が不足すると、疲れやすくなる、肌が荒れ、免疫力の低下

 

そして成長ホルモン、テストステロンの分泌量が現象し筋肉がつきにくくなることがあります。

 

  

フィッシュオイル(オメガ3)とは

f:id:hello24nfgu:20190727230015p:plain

 

フィッシュオイルとはその名の通り魚から取れる油です。

飽和脂肪酸の中でも必須と言われるオメガ3とオメガ6です。

体内では生成できないため食べて摂取することになりますが

現代人の食生活ではオメガ3よりオメガ6を多く取りがちのため

オメガ3を積極的に摂取することをお勧めします。

 

オメガ3脂肪酸を含む主な食べ物とは

 

魚の油 (マグロ イワシ ブリ サバ etc)エゴマ油 

 

スーパーなどで売っている鯖缶など最高です。

 

また、サプリで代用し摂取することもできます。

食事から取ることが一番ですが、どうしても忙しくて食事ができない時など

ケースバイケースでサプリを有効活用しましょう。

 

フィッシュオイルの効果

f:id:hello24nfgu:20190727230120j:plain

 

日本人の食生活の中で不足しがちな飽和脂肪酸のオメガ3を簡単に摂取できるフィッシュオイルですが、筋トレを行いながら摂取することでこんな良い作用があります!

 

インスリン感受性を高める作用があるため、少ないインスリンの分泌量で栄養を吸収し、筋肉をつきやすくしてくれます。

また、インスリンの分泌量が少ないほど脂肪はつきにくくなります。

 

筋肉をつけやすくし、脂肪の蓄積を抑える。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

脂質は悪者ではなく、友達です。

 

上手に付き合っていきましょう。

ご覧いただきありがとうございました。