筋トレサラリーマンのブログ

コツコツ積み上げる毎日

MENU

他人と比べてしまうあなたへ

f:id:hello24nfgu:20190824091020j:plain




どうも、筋トレサラリーマンです。

 

筋トレしていると他人と比較したりすることがみなさんあると思うのですが

なぜ比べてしまうのでしょうか?

 

また、比べることでなにを得ることができるか

 

今回は自分と他人との比較について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

何故他人と比べてしまうのか

 

何故他人と自分を比べてしまうのでしょうか?

いくつか原因をあげてみましょう。

 

単純に自分がどのくらいかが知りたい

f:id:hello24nfgu:20190824090541j:plain

筋肉関係で例えるならば、ジムにいる人と自分の体を比較し自分がどの程度の筋肉量を持っているか確認のための比較。 

これは無意識にやってしまっているかもしれません。

 

筋肉量が多くてでかい人は単純にかっこいいですよね

自分もこのようになりたい、頑張るぞ!とモチベーションになる比較はすごく良いと思います。

 

「今の私はどのくらいなのかな?」

 

「もっとがんばるぞ!」

 

 

 

2、自分が他人より優れていることを確認

 

 

自分の優れている所を他人と比較し優越感を得るため。

 

 自分の長所に自信を持つことはすごく良いことだと思います。

ですが自分よりも劣っている人を比較対象にして優越感を得ることはなにか違う気がします。

 

「初心者の彼より僕の方が体大きいな」

 

「あの人より俺のほうが三角筋でかいぞ!」

 

 

3、他人より自分が劣っていないか心配

f:id:hello24nfgu:20190824090551j:plain

 

自分に自信がなかなか持てず、心配なため他人と比較してしまう。

自分よりも優れている人と比較してしまいさらに自信を喪失してしまっては

元も子もないですよね。

 

「あの人より自分は筋肉小さい、、、?」

 

「ベンチプレスの重量負けちゃってる。。。」

 

 

他人と自分を比べる事の無意味さを知ろう

f:id:hello24nfgu:20190824090558j:plain

 

自分と他人を比較して優劣をつけることは本当に本当に時間の無駄です。
あの人と比べて自分はどこが劣っている。。自分はなんてダメな奴なんだ、と勝手に落ち込んでみたり

あの人より自分はここがすごい!あの人より自分は有能なんだ!と勝手にマウントをとってみたり

 

なんか虚しくないですか?勝手に一喜一憂って。。。

私は他人と自分を比べて一喜一憂する人間です!って胸張って言える人は少ないはずです。

 

他人と比較することは簡単に自分のレベルや価値を見定めることができるためすべてがだめだとは言えませんが、その考えに固執することは非常に危険です。

 

自分が比較対象より劣っていた場合落ち込んだり気分が悪くなったりテンションが落ちたり、逆に負けてたまるか!とモチベーションになる場合もありますがすべての人がそうだとは言えませんよね。

 

一方で比較対象より自分が一部分で優っていた場合少しの間優越感に浸れることがあると思いますが、これはあまりよくないと思っています。

 

 

理由としては自分を他人と比べてしまう癖がついてしまうと自分に満足ができなくなるからです。

隣の芝は青く見えるといいますが、自分以外はよくみえてしまうことがあるんですよね。そして心理的に自分以外の人間を上か下かと見る癖がついてしまうので非常によくないです。

 

いくら他人と比べようと自分は自分、他人は他人です。

他人と自分を比べて一喜一憂する時間は無駄で無意味なので

その時間を自分の好きな事に使いましょう。

 

 

人は人、自分は自分

 

f:id:hello24nfgu:20190824091529j:plain



 

どこまでいっても人は人、自分は自分。この言葉につきます。

他人と自分を比べても自分は1ミリも成長しません。

 

生きてきた時間や環境、性格や骨格身長体重すべて人それぞれ違います。

他と自分が違う部分があっても思い悩む必要は全くありません

自分の個性を大切に。

 

 

他人のことは気にせず自分の人生に集中しましょう。

 


比べるのは過去の自分

f:id:hello24nfgu:20190824090536j:plain 

 

 

他人と自分を比べる無意味さを知ることができたのなら

一体自分はなにと比較すればいいのでしょうか?

 

それは過去の自分です。

 

筋トレで例えるならトレーニングを始めたての頃

その頃の自分と今を比べるとどうでしょうか?

 

遥かに成長していることが確認できますよね

 

昨日の自分、1ヶ月前、一年前の自分。

 

過去の自分より1レップでも1ミリでも超えることを目標にして

日々コツコツ積み重ねていけば1年後には確実に成長を感じることができます。

成長が目に見えれば自信がつき、他人と比較して悩んでいた頃の自分はどっかにぶっ飛んでいるはずです

 

 

他人と比較するより過去の自分と今を比較しましょう。

成長を感じたり、できなかったことができるようになることはめちゃくちゃ嬉しいことです。なにより他人と比較するよりも健康的ですよね。

 

誰かに憧れたり目標にすることはもちろん良いことだと思います。

しかし、近づくことはできても憧れのその人自体には決してなれません

誰かを目指すより、自分史上最高到達地点を目指しましょう。

 

 

自分史上最高を目指し努力

f:id:hello24nfgu:20190824090525j:plain

 

自分を磨いて成長させていくことってすごく楽しいですよね

昨日できなかったことができるようになったり、クオリティが上がったり

筋トレで言えば筋肉がついて体が変わっていくのは最大の楽しみだと思います

 

自分のレベルを上げていく感じがまるでドラゴンクエストをプレイしているような感覚です。最初の村から始まりスライムを倒しコツコツレベルを上げていって強い武器を手に入れたり魔法を覚えてやっとの思いでボスを倒して次のステージに向かう。

 

裏技やズルはできません。

 

コツコツ毎日積み上げていくことで過去の自分を超えて少しずつ理想の自分に近づいていきましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

考え方としては他人と比較するのはやめて

過去の自分を超えて最高の自分を目指そうよというお話でした。

 

筋トレを例に出して書きましたが、考え方としては

仕事や部活、他の趣味でも使えると思います。

 

みなさんの参考になれば幸いです。

でわまた。